保証会社は信販系と消費者金融系ならどちらがいい?

銀行カードローンを契約する際、殆どのものが保証会社の審査を通過し、保証が受ける必要があります。保証会社といっても、信販系と消費者金融系の2種類があり、どちらを選ぶべきか、迷うこともあります。一般的に信販系の保証会社の方が、審査が厳しくなります。

これは、信販系の会社の場合、クレジットカードや割賦といった個人消費に対するノウハウが蓄積されているため、申し込み時点での金融契約内容を確認し、返済能力の判斷が行われることとなります。しかし、金利が低く設定されているケースも多いため、より低金利で借り入れしたいという方は、信販会社の方が良くなります。

一方で、消費者金融系の保証会社は、主幹事業が貸金業ということもあり、個人融資に対するノウハウがあります。結果、信販系に比べ、金利は高くなるものの、信用度に不安があったり、金融取引の経験が無い方でも審査が通る可能性は高くなっています。

どちらも実質的には、個人消費や融資に強みがあるものの、日常的な生活への影響を避けるのであれば、消費者金融系の方がオススメになります。信販系の場合、大手企業が行っているため、日常的に関わるケースが多く、審査落ちや万が一の際に受ける影響が多くなります。しかし、消費者金融系の場合は、利用を避けることが出来る上、選択肢も幅広くなるため、リスク軽減が可能と言えます。利用頻度や影響度を考慮して、銀行カードローンを検討することが重要になります。

保証会社は信販系と消費者金融系ならどちらがいい?
Tagged on: