キャッシングで融資されるまでの流れ

大手金融会社や銀行系カードローンなどはだいたい借り入れるまでの流れが同じです。

僕が最初にキャッシングしたプロミスのキャッシングするまでの流れを書いて行きます。

まずはインターネットで調べるとだいたいプロミス、アイフル、レイクなど大手金融会社の名前が出てきます。

大手金融会社は総量規制というのがあって年収の3分の1しか借り入れできないのでそれに該当してなければプロミスなど大手金融会社か銀行系カードローンがオススメです。

プロミスはwebで必要項目を入力したあと送信後約10分ぐらいで折り返しの電話があります。身元確認したあと必要項目に入力した会社に本当にそこに在籍してるか確認します。たぶん皆さんここが一番のネックだと思われます。いくら個人名で掛けてくれる言うてもほとんどの人が借り入れの際在籍確認されるし会社の人に感づかれるのは目にみえてます。

でも最近在籍確認の際感づかれないようにこちら側が支持した内容の連絡の仕方で在籍確認してくれます。例えば自分の担当してる得意先があったとしてその得意先の名前で在籍確認してくれへんかといえばそれで連絡を取ってくれます。確認が終われば僕の場合は即日希望だったのでどこの契約機が一番近いか聞かれそこを指定しました。

ここで契約の際必要なものがあります。プロミスなどの大手の魅力って夜9時までに契約できれば即日なんです。急な出費って当日が多いですよね。そんなときに源泉徴収とか給与明細とか住民票とか用意してられません。プロミスなど大手は50万以下ならそんなのは入りません。免許証か保険証か身元確認が取れるものであればそれを持っていくだけです。あとは判子いるんやったんかなぁ?ちょっとうるおぼえですが大層なものはなにもいりません。

Webで必要項目も入力して電話で必要なことを聴かれてたので無人契約機で契約する時は免許証のコピーを取ったり注意事項だったりの簡単な説明で終わった記憶があります。

しかも僕は10万でお願いしたのに50万まで枠取れますと言われました。憶測ですが借り入れがどこもなく正社員で年収300万ぐらいあれば最初は50万の枠をとってくれます。ここまで文章で書けば時間長いかなと思うかもしれませんが多分webで応募してから1時間半ぐらいで終わります。

今急な出費で悩んでるかたはプロミスにしてみたら。月々の返済額も50万借り入れで7千円からなので負担にならないです。

でも契約する際ウソは絶対止めてください。情報網はすごいので少しのウソもばれます。ウソは止めてくださいよ。

あと契約機の店舗に行くのに入店する時人目につくのは嫌と言う方は、無人契約機も今かなりの店舗数で中には人目につきにくくなってる店舗の設置がされている店舗もあります。借り入れする前に事前に把握しておいて無人契約はここな店舗がいいと言えばいいだけです。

キャッシングで融資されるまでの流れ
Tagged on: