学生がキャッシングサービスに申込みをする際に気をつけるべきこととは

最近では学生であっても契約が可能というキャッシングサービスは増えているため、友だちとの付き合いや就職活動などで急にお金が必要になることが多い大学生などには強く利用をおすすめできます。

しかしながら、学生でも契約可能というのは学生であれば絶対的契約できることとは違いますし、ポイントを抑えて申込みを行うことが審査通過への近道となります。キャッシングの契約申込みを行う際に注意すべき点について詳しくみていきましょう。

契約申込みを行う際にまず注意しなければならないこととして挙げられるのが年齢です。実は20歳未満への融資をしては行けないという法律があり、実施祭にキャッシングサービスへ申込みができる年齢は満20歳以上からとなっています。20歳未満の学生は申込みができないため20歳以上になってから申込みを行いましょう。

年齢要件以外の要件でいいますと、アルバイトなどをしていて毎月安定した収入があるということも重要なポイントになります。ここで大切になるのが長期のアルバイトをしているかということと一定期間以上の勤続期間があるかということになります。

たとえアルバイトをしていて収入があったとしても単発のアルバイトを繰り返している場合には金融機関は「継続的な収入がある」とみなしてくれないため審査通過は厳しいものとなります。

さらに長期のアルバイトをしていてもアルバイトを初めて間もないという場合にも同様に毎月安定した収入があるとみなされないため、審査通過は難しいと考えられます。長期のアルバイトをしていて尚且つアルバイトの勤続期間が最低でも半年以上となってから申込みを行うことをおすすめします。

学生がキャッシングサービスに申込みをする際に気をつけるべきこととは
Tagged on: