残高スライドリボルビング方式は結果的に損をしている?

銀行や消費者金融のカードローンの多くは、利用残高に応じて返済金額が変化する『残高スライドリボルビング方式』が採用されています。残高に応じて返済額が変化するため、毎月の返済負担が軽減されるというメリットはあるものの、これは限定的なメリットであると認識する必要があります。

そもそも、30万円を借り入れ、残高20万円までは1万円、10万円までは5千円、10万円以下は2千円といった場合、結果的に返済効率は悪化しています。1万円の返済を継続するのと、返済額がスライドする場合では総返済額が大きく異なり、結果として損をしています。

そのため、初回借り入れ後の返済額は変化させず、速やかに完済するといったことを心がけるのが重要です。一見すると返済負担が少なくなる返済方式でも、銀行や消費者金融にとって利益を生む返済方式であるというウラがあることを理解するのがポイントです。

残高スライドリボルビング方式は結果的に損をしている?