消費者金融のキャッシング限度額の基本的なことを知る

消費者金融のキャッシングと切っても切り離せないワードとして総量規制というものがあります。

これは年収の三分の一以上を借りられない、業者側も貸し出せないというルールなんですが、高額の借入を考えている人以外であればそれほど気にすることでもありません。

例えば年収600万円の人なら総量規制のことも考えると限度額として200万円までは範囲となるわけですが、年収600万円の人に消費者金融側がいきなり限度額の200万円を貸すかというと、なかなかそれはないでしょう。

消費者金融も商売ですし、安定というものを望む傾向があります。

しっかり返済してもらわないと損をするばかりですし、貸す側は審査や経過観察などで厳しくチェックをします。

つまり総量規制なども絡んだ限度額はあるものの、もっと低い額しか貸さないということが殆どだということです。

ちなみに消費者金融側が定める最大利用限度額としては大体500万円を一つの最大ラインとしており、多くても800万円としているところもあるといった感じなので、1000万円以上の借入を利用したいというのであれば、カードローンなど、総量規制対象外の手段を選ばなければなりません。

最初の審査時に設定された利用限度額に変動はないのかというと、そうではありません。

しっかり返済していくなど、消費者金融の信頼を勝ち取っていけば利用限度額のアップを向こうから提示してきます。

利用限度額を少しでも最大に近づけたいのであれば、より大きな額を借りたいのであれば急がば回れという手段が有効なのです。

消費者金融のキャッシング限度額の基本的なことを知る
Tagged on: