キャッシュレス化でカードローンの存在意義は変わりつつある!

カードローンやフリーローンなどのキャッシングは、現金が不足しているときに便利な現金調達方法です。しかし、キャッシングが有効なのは現金でしか支払いができないケースです。それ以外であれば、クレジットカードによる支払もでき、わざわざ利息を支払ってまで現金を調達するメリットはありません。

現在のところ、日本国内では未だ多くの場所で現金決済しかできないこともあり、キャッシングの存在意義はあります。ですが、今後到来するキャッシュレス社会により、クレジットカードによる支払対応の拡大により、現金での支払のみになるのは限定されるようになっていきます。

先ずは、今重要なことは安易にキャッシングで支払対応するのではなく、現金以外での決済方法に対応している場合はクレジットカードで支払いを行い負担を抑えて利用しましょう。また、クレジットカードの支払のためにキャッシングで現金を借り入れするという方法があるものの、リボ払いの場合は利息に利息が上乗せされ、次第に返済負担が増えるため、頻繁な利用は避けることが必要です。

キャッシュレス化でカードローンの存在意義は変わりつつある!