銀行カードローンの増額審査で減額されてしまう理由とは?

大手消費者金融のカードローンの場合、貸金業法により契約者の与信を3ヶ月ごとに確認する義務があり、個人信用情報の開示が行われます。

その結果、与信が悪化している場合、利用限度額の減額もしくはカードの新規利用停止などに至る可能性があります。しかし、銀行カードローンの場合、貸金業法が適用されないため、定期的な個人信用情報の紹介が行われない状況です。では、増額審査で情報照会が行われないというものではなく、増額審査では個人信用情報の照会に同意しています。

そのため、個人信用情報の照会が行われ、途上与信が悪化していると増額どころか減額される可能性を持っています。先ずは不必要に利用限度枠の増額をせず、クレジットカードや各種ローンの利用が増えている場合は減額されるリスクを避けるのがベストです。ただし、契約更新が1年というスパンの場合については減額されるリスクは高めになります。

銀行カードローンの増額審査で減額されてしまう理由とは?
Tagged on: