銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも有利か

カードローンを金融商品として提供しているのは、主に銀行と大手の消費者金融です。どちらのカードローンを利用してもあまり変わらないのでは、と感じる人がいるかもしれませんが、銀行と消費者金融では適用される法律が違うので、カードローンと言っても大きな違いがあります。では、銀行か消費者金融かどちらのカードローンを優先すればいいのかということになれば、文句なしにまずは銀行のカードローンを優先すべきと言う結論になります。

銀行のカードローンが消費者金融のカードローンよりも有利な点は主に二つです。

一つは銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が低く設定されているということです。これだけで銀行のカードローンを優先する大きな動機となると言っていいでしょう。とくにカードローンを始めて利用する人はそれぞれの金融機関で上限金利に近い金利が適用されることが多いので、上限金利が低い銀行は初心者にとくに有利です。

もう一つは消費者金融のカードローンは総量規制の対象となりますが、銀行のカードローンは総量規制の対象外と言うことです。例えば、収入のない専業主婦は消費者金融のカードローンは利用できませんが、銀行のカードローンは配偶者に安定収入があれば利用することも可能です。

銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも有利か
Tagged on: