ついうっかりが危険!割賦購入の支払遅れ!

クレジットカードやカードローン、そして住宅ローンを契約しようとする際、審査落ちするということがあります。その原因としてありがちなのが、割賦購入した商品の代金支払い忘れです。特に近年、問題となっているのがスマートフォンや携帯端末の購入であり、割賦購入しているという意識が薄れることがあります。

その他にも、銀行口座から自動引落されるローン支払であり、支払いが遅れたから再引落しや振込依頼書の到着を待つことだけは、可能な限り避けるのがポイントです。故意に支払いを遅延させることは、信用度を大きく損ないますが、ついうっかりで支払いが遅れることも回数が多いほど、家計管理がルーズと判斷されかねません。また、個人信用情報には返済遅延情報まで管理されており、契約期間中は最大5年間は金融期間が契約審査時に確認出来るといった状態にあります。

クレジットカードやカードローンの支払遅延といった記憶が無く、ローン審査落ちした場合は過去に割賦販売で支払いを遅延させんたことが無いか確認することが大切になてきます。金融機関の多くは、株式会社シー・アイ・シーの登録会員であるケースが多く、割賦購入での支払情報まで筒抜けになています。

ついうっかりが危険!割賦購入の支払遅れ!
Tagged on: