キャッシング先は返済方法で選ぶと良い

銀行カードローンや消費者金融からの借入を行なう際には、金利設定を気にしても返済方法については約款を真剣に読まずに契約してしまう人が少なくありません。金利が1%でも低ければ、返済が確かに楽になるでしょう。しかし、残高スライドリボルビング方式で返済を続けている限り、指定された最小返済額では元金があまり減らないので、返済回数がふえてしまいがちです。

随時返済を計画的に行えれば良いですが、強い意思を持ち続けることは難しいと何回か随時返済をすれば実感できます。

貸金業者の中には、元金均等返済を選べるカードローンがあります。追加の借入を行わなければ、借入残高から均等に元金を支払って行くので、返済回数が固定されて支払う利息が最小限で済みます。毎回返済する金額が変わるので、1000円単位で払うことは出来ません。

銀行引き落としによる約定返済となりますが、初回返済額が多く毎回返済額が減少するわけです。元金の支払額が一定ですから、借入残高に応じた利息が付くので、結果的に返済回数が進む毎に返済額は減少して元金支払額は一定となります。

利用者にとっては、元金均等返済が最も総支払利息を少なく出来ますが、貸金業者からは嫌われる返済方法です。元金均等返済を選択出来る貸金業者は、良心的と言えるでしょう。

キャッシング先は返済方法で選ぶと良い
Tagged on: