銀行員の勧誘に要注意!家族や親戚、そして友人が銀行員だとノルマのために勧誘されるケースも!

今では、銀行カードローンも過度の貸し付けが指摘されており、自主規制や法整備が話題となっています。そもそも、過去の消費者金融が過度の貸付を行い、多くの自己破産者を発生させただけでなく、自身も過払い金返還請求により倒産または企業体質の弱体化に繋がりました。

そして、このような事態が銀行カードローンでも露呈し始め問題視されているものの、特に注意しなければならないのが銀行員のノルマ達成のための勧誘です。今やマイナス金利政策により、銀行が高い収益を期待できるのは企業への融資や住宅ローンではなく、カードローンやフリーローンなどの個人融資です。

そのため、契約者確保のために、家族や親戚、友人などを勧誘するケースが問題となっています。契約したとしても、借り入れをしなければ問題にならないと考えがちですが、カードローンような無担保ローンは『いつでも借金が可能な状態にある』と金融機関では認識します。

そして、契約状態で借り入れをしていなくても、住宅ローンや自動車ローンの審査結果に影響を与えるリスクが乗じてしまいます。勧誘によりカードローンを契約した結果、住宅ローンや自動車ローンの審査が通り難くなる可能性があるため、利用を目的が無い場合は契約を断ることも重要です。

カードローンやフリーローンのような無担保ローンは、必要な時に契約するというスタイルが非常に重要なことになります。

銀行員の勧誘に要注意!家族や親戚、そして友人が銀行員だとノルマのために勧誘されるケースも!
Tagged on: