初めてキャッシング契約をするなら銀行?消費者金融?どっちがいい?

20歳を超え、初めてキャッシング契約を検討する方は、銀行が良いのか、消費者金融が良いのか迷うことがあるかと思います。消費者金融はかつてのイメージが強く未だに警戒または利用を避ける傾向があります。一方で、銀行は金融のプロだから安心といったイメージを持っているケースもあります。

では、実際にどちらがキャッシングが得意かと言うと、現在でもなお、消費者金融の方が得意であり、返済計画に対する適切およびプロ目線でのアドバイスを得ることが出来ます。一方、銀行カードローンの場合、マイナス金利政策などにより、銀行の利益減となっているため、ノルマがあることや金融商材に慣れない若手社員が対応してしまい、適切な返済計画を相談できないといった問題を抱えています。

そもそも、消費者金融は貸金業者として、個人消費に対する融資を専門としており、高い実績を持っています。一方で、銀行の得意とするのは個人融資よりも企業融資であり、個人融資に対応したカードローンが増えたのは、貸金業法の改正以降になります。そのため、審査自体も保証会社すなわち消費者金融系会社や信販系会社に委託しているのが実情です。

では、新社会人となりキャッシング契約をするのであれば、どちらがいいかと言うと消費者金融の方が審査対応から返済計画まで対応してくれるため、良いというのが実情になります。特に大手消費者金融の審査通過率は、銀行カードローンに比べ高めという他、借り入れシュミレーションや返済シュミレーションといったサービス面で充実しています。

また、フリーダイヤルやローンプラザ(有人店舗)で無料相談が可能というメリットもあります。銀行カードローンの場合、本店や支店が充実しているものの、ローン商材に対する専門スタッフが少ないため、相談をするには態勢的に不十分さがあります。ですが、貸金事業を専門とする消費者金融は、銀行と異なるため、スタッフ自体がキャッシングに対する知識が濃くなっています。

これから初めてキャッシング契約を検討されている方は、低金利での銀行も魅力的ですが、サービス面で充実した消費者金融を勉強の場として利用するのも得策です。金利が高いというリスクがあるものの、如何に利息を抑えて返済するか、どの様な借り入れが危険なのかといったキャッシングに対する知識を得ることが可能になります。

初めてキャッシング契約をするなら銀行?消費者金融?どっちがいい?
Tagged on: