少額のキャッシングを完済すれば、個人信用情報の評価もアップ!

キャッシング契約において、個人信用情報は収入以上に重要な条件となります。如何に高額な収入があったとしても、キャッシングによる借り入れの他、クレジットカードの利用残高も高くなると審査には不利になります。また、事故情報が残っている場合、銀行や大手消費者金融のキャッシングを契約出来る可能性は大幅に低下します。

また、高額な融資を検討する場合、日常的にキャッシングを利用しておくことが重要になります。個人信用情報には、キャッシングの完済情報も記録されており、保管期限は『契約継続中及び完済日から5年を超えない期間』となっています。

将来的に高額なキャッシング契約を検討する場合、定期的に完済情報を残すことで優良顧客と判断される条件となります。完済情報が無く、借り入れの情報が残っている場合は常にキャッシングに依存しており、いずれは債務超過に陥る可能性があると判断されかねません。

そのため、一定額の借り入れを定期的に行い、完済を繰り返すことが教育ローンやリフォームローンなどの目的別ローンでより高い融資額で契約することも可能になります。また、完済情報により銀行カードローンの場合はより低い金利条件で契約出来る可能性も生じます。例えば、10万円の借り入れを定期的に行い、短期間で完済してしまうという方法なら利息負担が少なくなります。

少額のキャッシングを完済すれば、個人信用情報の評価もアップ!
Tagged on: